【10箇条】ABCクリニックと東京ノーストクリニックを比較!

包茎治療を行っている、ABCクリニック東京ノーストクリニックの比較をしてみましょう。

 

包茎治療

 

治療費をはじめ、どのような点が違うのかを把握すれば、クリニック選びにも役立ちます。

 

大きく10項目で両クリニックを見ていきます。

 

  1. 治療にかかる費用の比較
  2. 選べる手術法は?
  3. 在籍スタッフの性別比較
  4. 予約の方法は?
  5. カウンセリングについて
  6. 手術後のアフターケアはある?
  7. 店舗数の違い
  8. 運営歴はどのくらい?
  9. 実績の比較
  10. 性器のブツブツ除去について

 

治療にかかる費用の比較

 

ABCクリニックの費用は以下の通りです。

 

  • ABC式CSカット 50,000円
  • ABC式Sカット 100,000円
  • ABC式真性包茎Sカット 150,000円
  • ABC式カントン包茎Sカット 150,000円
  • 亀頭・陰茎増大吸収タイプ 40,000円
  • 亀頭・陰茎増大定着タイプS 75,000円
  • 亀頭・陰茎増大定着タイプSS 125,000円
  • 切らない長茎術 150,000円
  • 埋没部露出術300,000円
  • 早漏防止治療吸収タイプ 40,000円
  • 早漏防止治療定着タイプS 75,000円
  • 早漏防止治療定着タイプSS 125,000円

 

次に東京ノーストクリニックです。

 

  • 環状切除術 70,000円
  • 切らない包茎手術 30,000円
  • 他院治療修正 140,000円
  • ベビーコラーゲン注入 200,000円
  • ヒアルロン酸注入 100,000円
  • スーパーヒアルロン酸注入 200,000円
  • アクアミド注入 180,000円
  • フォアダイス焼灼 290,000円
  • コンジローム焼灼 590,000円
  • 癒着剥離 200,000円
  • シリコンボール挿入・摘出 50,000円
  • 長茎術 150,000円

 

どちらの費用も税抜価格です。

 

選べる手術法は?

 

ABCクリニックではCSカットやSカットといった方法が用意されています。

 

CSカットは泌尿器科などでも使われる「クランプ」と呼ばれる円筒状の器具を使った方法となります。

 

SカットはABCクリニックの熟練の医師による手作業による包茎治療となり、見た目が自然に仕上がるのはSカットだといわれています。

 

一方で東京ノーストクリニックでは、一般的な環状切除術に加え、切らない包茎手術も可能です。

 

切らない手術では二重まぶたを整形する技法を応用し、切らずに包茎の治療が行えます。

 

在籍スタッフの性別比較

 

ABCクリニックは、カウンセリング時に男性スタッフが対応してくれます。

 

すべてのスタッフが男性なのかは不明で、女性スタッフが在籍している可能性もあります。

 

東京ノーストクリニックも男性スタッフの対応で、24時間いつでも男性スタッフに相談などが可能です。

 

予約の方法は?

 

ABCクリニックでは、電話か公式サイトからのメールで予約を受け付けています。

 

東京ノーストクリニックも、公式サイトからのオンライン予約か、電話での予約が可能です。

 

カウンセリングについて

 

ABCクリニックでは予約後、無料のカウンセリングで手術についての説明や、こちらからの質問・相談が可能です。

 

医師がわかりやすく説明してくれるので、気になることがあればカウンセリング時に聞いておきましょう。

 

注意点としては、診察費が5,000円発生することです。

 

東京ノーストクリニックもカウンセリングは無料で、医師とマンツーマンで行われます。

 

手術後のアフターケアはある?

 

ABCクリニックの場合、術後の通院時など、患者の状態に合わせて適切なアフターケアが行われます。

 

費用も手術費用に含まれているので安心です。

 

東京ノーストクリニックの方も、アフターケアは無料です。

 

24時間対応の電話受付やメール、チャットでの相談も可能で万全の体制です。

 

店舗数の違い

 

ABCクリニックは日本全国に合計16のクリニックがあります。

 

東京ノーストクリニックは、ABCクリニックよりも数が多く、全国32のクリニックを展開しています。

 

運営歴はどのくらい?

 

ABCクリニックは、公式サイトを見ても正確な運営歴は書かれていません。

 

東京ノーストクリニックは運営歴は開院30年以上と書かれています。

 

正確な数字はわかりませんが、30年以上続く老舗なのは間違いありません。

 

実績の比較

 

ABCクリニックは2015年度の利用者が11,000人を超えており、全国で多くの人が利用しているのがわかります。

 

東京ノーストクリニックは、利用者数など具体的な数字は未確認ですが、開院30年以上の実績をはじめとして長く利用されているクリニックです。

 

性器のブツブツ除去について

 

ABCクリニックではブツブツ除去も行っています。

 

包茎治療費にブツブツ除去費用が含まれるキャンペーンも実施されています。

 

東京ノーストクリニックでもブツブツ除去は行っていて、主に尖圭コンジロームが対象です。

 

ただし、尖圭コンジロームでない場合も治療は可能とされています。

 

そのほかの比較項目

 

キャンペーンの有無

 

ABCクリニックでは、不定期ではあるものの随時キャンペーンが展開されます。

 

割引やキャッシュバックなど、その内容もさまざまですので、キャンペーンの有無をしっかりチェックしておきたいところです。

 

東京ノーストクリニックは、学生早期治療費として、学生なら環状切除術が60,000円で受けられます。

 

他院修正件数

 

ABCクリニックの他院修正件数は、公式サイトによると3,869件となっています。

 

東京ノーストクリニックに関して件数は不明でしたが、治療内容には他院修正がしっかり明記されています。

 

件数はわかりませんが、他院修正もしてくれるため、万が一他のクリニックで手術を受けて仕上がりが不満でも安心です。

 

ABCクリニックと東京ノーストクリニックは、どちらも人気の高いクリニックです。

 

包茎手術を中心に、男性のデリケートな悩みを解消してくれるでしょう。

 

予約や相談・カウンセリングも男性が対応してくれるので、女性だと恥ずかしいという方でも問題ありません。

 

両クリニックの違いをしっかり把握し、自分に合ったクリニックを見つけるようにしましょう。

 

公式 公式

泌尿器科で受けられる包茎治療術の内容と保険の適用について

泌尿器科では包茎治療を受けられます。

 

治療の内容や、保険の適用について詳しく知っておくと自分が治療する時に役立ちます。

 

治療の内容について

 

泌尿器科で包茎治療を受ける場合、その治療内容は美容クリニックとは少し違います。

 

美容クリニックではさまざまな治療法が用意されていて、中には治療跡が目立たないような便利な治療法もあります。

 

ですが泌尿器科では環状切除術という治療法しか採用されておらず、治療跡が目立つ、場合によってはペニスの感度が低下してしまうなどのデメリットも考えられます。

 

泌尿器科はあくまでも医療目的で治療を行うため、見た目が綺麗かどうかなどは考慮されないのです。

 

その点では美容クリニックでの治療と大きく違ってくるので、注意しましょう。

 

保険が適用されるのは真性包茎とカントン包茎のみ

 

泌尿器科での包茎治療は保険が適用されると言われますが、実際に適用されるのは真性包茎とカントン包茎です。

 

つまり仮性包茎の治療では泌尿器科でも適用されません。

 

仮性包茎は勃起時に自然と皮が剥けたり、自分で皮を剥くことができるため、美容整形の1種と判断されてしまうのが原因です。

 

保険が適用されるのは健康上、すぐに治療が必要な症状だけですので、仮性包茎は適用外なのです。

 

保険で安く治療したいと考えている方は、自分が仮性包茎かそうでないかで結果が大きく変わってきます。

 

泌尿器科とクリニックどちらが良いのか

 

真性包茎やカントン包茎なら、泌尿器科で保険を使って治療が受けられます。

 

経済的な面ではお得なのですが、美容クリニックは見た目もこだわってくれるので治療跡を最小限にできるなどのメリットがあります。

 

どちらが良いのかは難しいところですが、包茎治療に特化した美容クリニックの方がアフターケアも含めて充実しています。

 

お金は多少かかってしまいますが、万全を期すなら専門クリニックでの治療が望ましいでしょう。

 

泌尿器科でも包茎は治療できますが、必ず保険が適用されるとは限りません。

 

泌尿器科と美容クリニックのどちらが良いかを慎重に判断することが大切です。

このページの先頭へ戻る