普通包茎手術後にツートンカラーが目を引くのは…

ときどき見かける包皮小帯温存法については、特別な手術法による包茎手術の非公式名称です。学術的な正式名称が付けられているものではないので、実施する医療機関が違うと呼び方が違うのが通例です。勃起していないときに、亀頭の下のところで性器の皮が止まる方であっても、手を使って亀頭に包皮をかぶせたときに、少しでも亀頭が包皮で隠れてしまう場合も、仮性包茎と定義されています。

 

話題の亀頭増大・強化術っていうのは、注入素材の注射をするだけで解決できる治療のやり方で、炎症を起こすなんて恐れもないから、遠慮せずに受けていただける男性自身のトラブル解消のための方法です。そもそもある免疫力の低下している状態では、尖圭コンジローマがまた発症することがとても多くなってしまいます。想定以上に再発が繰り返されるならば、HIVによるエイズ(後天性免疫不全症候群)などに代表される免疫不全の状態の可能性も出てきます。

 

仮性包茎だとしても、日常的に皮をむくことにしている方の場合は、内側の皮は十分な強さがあり包皮外側の色の差が小さくなるので、格好悪いツートンカラーになることが少ないのです。尖圭コンジローマになったら、なんでも凍らせてしまう液体窒素を用いた凍結療法あるいはレーザーを使って切除する方法をとります。病変の部分がきれいになってもウィルスが感染したままである場合がほとんどで、何回も再発してしまうケースがよく見られます。

 

包茎手術をしなくても、仮性包茎をよくしてくれる道具もたくさん販売されているので、そういったものを利用するのも賢い選択です。仮性包茎で困っているなら、なんらかの治療が不可欠です。ペニスの先の亀頭の最先端部分には、尿の出口となる小さな穴があります。この穴の下側と皮の間に組織が筋状になっているところがあるのです。ここの場所こそが包皮小帯なのです。

 

本当のところ、包茎解決の治療と合わせてやる人が大多数ですが、包茎手術の完了後に、一休みしてから亀頭増大をするケースだとか、亀頭増大だけを希望する方などバラバラなのです。いわゆる思春期の人が包茎ですと、多くの恥垢が溜まる傾向にあることが知られています。このことは新陳代謝のために起きているので、これくらいの男性で恥垢が付きやすくても、ひどく心配になることはありません。

 

中学校や高校に通っているくらいからペニスの皮がむけ始める男性だって多いので、仮に現時点で仮性包茎だとしても、焦って剥かずに、何もしなくてもいいんです。真珠様陰茎小丘疹の元凶は、わかっていないのが現実です。

 

簡単に言えばニキビみたいなもので、包茎の方が、清潔ではない環境で覆われていることによって発症しているなんてことも言われているのです。「亀頭のサイズに自信がない」、「ずっと早漏」、「ペニスの先細り」に関して、わずかでもつらい思いをしたという方には、安心安全の亀頭増大・強化術が一番です。一度はカウンセラーに、遠慮せずにご相談いただくのが賢い選択です。

このページの先頭へ戻る